普段から見ることの多い

パソコンやスマートフォンの

LEDディスプレイや

LED照明には

ブルーライトが

多く含まれています。

 

明るくて省エネの

LEDですが

ブルーライトは

目で見ることのできる光で

もっとも波長が短く

強いエネルギーを持っています。

 

波長の性質から

映像のちらつきや

まぶしさを生じやすく

目が疲れ網膜にも

負担がかかります。

 

目が疲れると

集中できなくなり

ストレスを感じ

首や肩に力が入り

姿勢も悪くなります。

 

また夜遅くに

まぶしさを感じると

自律神経も乱れます。

このようなディスプレイを

長時間見ることで

身体的疲労等がおこることを

VDT障害・VDT症候群
(Visual Display Terminals)

と呼んでいます。

 

できるだけ長時間

ディスプレイを

見続けないよう

たまには目を休め

休憩をとりましょう。

 

明るさの調整をしたり

見え方が変わるので

違和感を感じる方もいますが

ブルーライトをカットする

メガネやフィルムもあります。

 

現代社会では

パソコンやスマートフォンは

欠かせないものですが

目や体に負担をかけすぎないよう

注意してください。