逆流性食道炎とは

胃酸などが

食道に逆流

食道に炎症が

起きる病気で

 

胸やけやみぞおちの痛み

過度なあくびやゲップ

胃もたれ、吐き気

酸っぱいものがあがってくる

咳、声のかすれ

のどの違和感など

の症状も出てきます。

ストレス

早食い、暴飲暴食

過度のお酒、刺激物、喫煙

肥満による胃の圧迫

猫背、姿勢の悪さなどで

 

胃酸が増え過ぎたり

胃酸の逆流を防ぐ機能が

正しく働かないことが

主な原因と言われています。

 

基本的には

胃酸の分泌を抑える薬

胃の働きを改善させる薬

で治療を行いますが

一時的に良くなっても

再発する方が多いです。

 

根本的には

過度のお酒、コーヒー

刺激の強い食べ物

暴飲暴食などの

食生活の改善

 

猫背や姿勢の悪さ

寝る時の姿勢

体重を減らす

自律神経の調整など

 

生活習慣や体の歪みを

整えることも大切です。