感染症の発症や

重症化を防ぐ

免疫をつけるための

ワクチン接種により

 

期待されたものとは違う

有害な事象が

起こることがあり

これを副反応と言います。

 

ワクチン接種後にでた

有害な事象が

当てはまるため

 

実際には

ワクチン接種とは

直接の因果関係の

解らないものも

副反応に

含まれる場合があります。

主な副反応には

注射した部分の痛み

だるさ、頭痛、発熱などの

2~3日で自然に

消えるものが多く

 

まれに急性の

アレルギー反応が

起きる場合があります。

 

似た言葉に

副作用がありますが

 

副作用は

薬の服用で

目的とした主作用とは

異なる作用や

体に良くない作用がでた

場合に用いられます。