ワクチン接種には主に

筋肉注射と

皮下注射があり

新型コロナウイルスの

ワクチン接種は

筋肉注射で行われます。

 

日本では以前に

不適切な筋肉注射により
(乳幼時に大量に薬剤を注射)

副作用が起こった影響からか

筋肉注射が避けられ

 

インフルエンザのワクチンは

皮下注射で行われていますが

 

海外では

インフルエンザのワクチンも

筋肉注射が一般的です。

皮下注射は

皮膚と筋肉の間

皮下組織に注射するので

吸収がゆっくり

 

筋肉注射は

筋肉内に注射

血管が豊富な

筋肉組織の中に

薬液が入るので

吸収が速く

効果が早く出ると

言われています。

 

皮下注射が

皮膚を引っ張り上げ

浅い部分に斜めに

注射するのに比べ

 

筋肉注射は

直角に体の奥

筋肉内に注射するため

痛みを伴う場合があり

見た目も痛そうですが

 

海外では標準的な接種方法で

効果が早く出るという

メリットがあります。