帝王切開は

産道を通らず出産するので

骨盤への負担が少なく

産後の骨盤矯正が必要ない

と思っている方もいますが

帝王切開でも自然分娩と同様

産後の骨盤矯正は必要です。

帝王切開でも

ホルモンバランスの影響で

骨盤をしめている靭帯は緩み

赤ちゃんが降りてくるので

骨盤は広がります。

 

また妊娠中のお腹の大きい状態での

癖や体の使い方による歪み

産後の育児による歪みは

出産方法は関係ありません。

 

さらに帝王切開は

手術跡に痛みがでるので

骨盤ベルトがすぐに巻けない

お腹に力を入れると痛く

腹筋が低下したまま戻らないなど

歪みがひどくなる場合もあります。

 

産後の骨盤矯正は

全ての人に必要ではありませんが

産後体の調子が悪い

体重・体型が戻らない

肩・腰などが痛いなど

不調が続く方は

産後の骨盤矯正おすすめです。

 

もちろん早めが効果的ですが

帝王切開の手術跡が気になるなら

無理せずまずは安静にして

手術跡が落ち着いてから

骨盤ベルトや骨盤矯正を

行うようにしてください。