乳酸菌飲料に

含まれている

乳酸菌は

良い菌を増やし

悪い菌を減らす

善玉菌で

 

腸内の環境を改善

お腹の調子を整える

働きがあります。

 

腸内にもともと存在する

乳酸菌ですが

食品や乳酸菌飲料などで

外から取り入れることも可能です。

最近話題の乳酸菌飲料は

この乳酸菌シロタ株が

最高密度で含まれていて

 

より多くの生きた乳酸菌を

腸内まで到達させることが

できると言われています。

 

なぜ乳酸菌と

安眠が関係するのかは

お腹と頭は

離れていますが

それぞれお互い

影響しあっているからです。

 

悩みやストレスがかかると

お腹の調子が悪くなり

便秘や下痢

自律神経が不調に

なることがあります。

 

逆にお腹の調子が

良くなると

頭もスッキリ

自律神経が整い

リラックスできます。

 

このような関係で

腸内の環境を改善

お腹の調子が整う

安眠につながるということです。

 

睡眠時間は取れているのに

すっきり目覚められない人は

腸内環境に問題が

ある場合も考えられます。

 

睡眠の質を

高めるためには

適度な運動や

規則正しい生活

自律神経の調整

大切ですが

 

乳酸菌などにより

腸内環境を改善することで

自律神経を整えるのも

一つの方法です。