熱中症とは

高温の環境などで

体温の上昇を抑えることが

できなくなり発生する

身体の異常の総称です。

 

以前は

日射病

重症度に応じて

熱疲労

熱けいれん

熱射病

ともいわれていましたが

強い日光や熱だけでなく

屋内でも起こるので

現在は一括りに

熱中症といいます。

脱水症状
頭痛
足がつる
だるさ
吐き気
めまい
筋肉痛

などの症状が出て

呼びかけに反応しない

意識障害

起きることもあります。

 

熱中症になったら

すぐに直射日光をさけ

涼しい場所に移り

衣服をゆるめ

首や脇を冷やし

水分だけでなく

塩分・糖分も

補給しましょう。

 

回復が見られない場合は

医療機関の受診を

おすすめします。

 

熱中症を防ぐためには

普段から自律神経を整え

体温調節機能を高め

高温・多湿での

無理な運動などを避け

適切な水分・塩分・糖分補給を

するようにしましょう。