国土交通省が2016年度

全国の鉄道混雑率データを公表。

「首都圏の鉄道混雑率」

ベスト5に武蔵小杉が

2区間選ばれました。

 

4位JR横須賀線
武蔵小杉→西大井間(191%)

5位JR南武線
武蔵中原→武蔵小杉間(188%)

 

両区間とも2015年度より

混雑率はわずかに低下しましたが

非常に高いです。

 

混雑率低下の対策が必要ですが

横須賀線は

湘南新宿ライン・成田エクスプレスと線路併用

南武線は開かずの踏切が多く

通勤時間帯の増発は難しく

駅の両側が踏切など

車両を増やすこともできません。

 

武蔵小杉周辺は

まだまだマンション建築中で人口も増加中。

今後混雑率解消の策はあるのでしょうか?