平成12年に計画され休止中の

「川崎市営地下鉄」が

いよいよ廃止になりそうです。

新百合ヶ丘-宮前平-元住吉-川崎

横に長い川崎の鉄道不便地域を横断する

川崎縦貫高速鉄道(仮称)として計画

初期整備区間(新百合ヶ丘-宮前平-元住吉)の

10駅なども決まっていましたが

平成15年に計画が休止。

 

その後元住吉から

集客の見込める武蔵小杉に変更され

新百合ヶ丘-宮前平-武蔵小杉-川崎

で計画は一応残っていました。

 

今回市は川崎縦貫鉄道の廃止を前提に

「横浜市営地下鉄」の延伸(あざみ野-新百合ケ丘)

鉄道不便地域は

バス路線を拡充する方向で検討とのことです。

 

新駅の予定地周辺では

計画が出た時に

「将来地下鉄の駅ができます!!」

と売り出していた

マンションなどもありました。

 

期待していた人は残念。