川崎市の保育所の

待機児童数が4月1日の時点で

ゼロになったそうです。

 

川崎市は働くお母さんにとって

待機児童数の多さが

常に問題になっていました。

 

当院に来院中のお母さんも

この春から仕事に復帰した人が

たくさんいます。

 

武蔵小杉には

マンションが

今後まだまだ建ちます。

 

今後さらに待機児童ゼロの期待感から

子育て世代の転入者が増え

現在子育て中のお母さんも

働き始める人が増えるかもしれません。

 

お隣横浜市もゼロになった途端

入園希望者が増え待機児童が増えました。

 

そうならないよう

川崎市の今後の対策が

大切だと思います。

 

これからも近くに

安心して預けられる保育所が

増えていくといいですね。