自律神経が

乱れる原因として

ストレスが

大きく影響しています。

 

ストレスには

大きく分けて

身体的なストレスと

精神的なストレスの

2つがあり

 

季節の変わり目は

この2つのストレスを

特に受けやすくなっています。

 

日によっての寒暖差

昼と夜の気温差

天候の急変などの

身体的なストレス

 

このような変化に

体温調節などが

上手くできないことでの

精神的なストレスと

 

様々なストレスがかかり

上手に処理することができないと

自律神経のバランスを崩す

大きな原因になります。

自律神経が乱れると

身体を活発に動かす

「交感神経」

リラックスする

「副交感神経」

上手く働かず

 

夜ぐっすり眠れず

昼間凄く眠くなったり

体に様々な

症状が出てきます。

 

自律神経が

乱れやすい人は

 

季節の変わり目は

特に注意して

体のメンテナンスや予防を

しっかり行うことが大切です。