「テニス肘」とは正式には

「上腕骨外側上顆炎」の通称で

肘の外側の

骨と筋肉をつなげている

靭帯の炎症です。

 

テニスの

バックハンドが原因で

起こりやすいので

「テニス肘」

と名付けられていますが

日常生活、家事、仕事でも

「上腕骨外側上顆炎」は起こります。

 

整形外科では

テニス以外での

「上腕骨外側上顆炎」

わかりやすく

通称の「テニス肘」

用いる場合が多いので

テニスをしていないのに

「上腕骨外側上顆炎」「テニス肘」

になるということです。

 

「テニス肘」

痛みが強くなると

ものをつかんで持ち上げる

タオルをしぼる

ドアノブをまわすなどの

 

手首を反らす・ひねる

ものをつかんで手首を動かす

指を伸ばすなど

ちょっとした動作で

痛みが出るようになります。

治療方法は

安静にするのが一番で

できるだけ痛みの出る動作は

しないように安静にして

 

肘だけでなく

硬くなっている回りの筋肉を

ほぐしてゆるめることで

肘への負担を和らげます。

 

テニスや日常生活で

負担がかかっている方は

アイシングやサポーターなども使い

痛みが出る前

早めのケアも大切です。