車の運転をすると

腰が痛くなる主な原因は

運転する時の姿勢と

長時間の同じ姿勢です。

 

特にシートを

深く倒し浅く座ると

腰とシートに隙間ができて

腰に負担がかかります。

 

運転する時の姿勢は

できるだけ深く座り

骨盤が立って

腰・背中はシートに

しっかりつけられると

負担は少なくなります。

 

ただしシートを

立てすぎると

腕が窮屈にり

ハンドル操作が

難しくなるので

注意してください。

最近のシートは

様々な角度で

微調整ができるので

しっかりシートを調整して

運転するようにしましょう。

 

また運転姿勢は

腕・足以外は

あまり動かすことがなく

固まった状態になります。

 

シートの調整をしても

運転時間が長くなれば

筋肉に負担がかかり

循環も悪くなります。

 

必ず休憩をとって

簡単な体操など

固まった筋肉・関節を

動かしほぐすようにしましょう。

 

車高の低い車で

沈み込むようなシートは

乗り降りの際に

腰を痛める人も多いので

注意してください。