zatu

「足を組むと骨盤が歪みますか?」

と聞かれることがあります。

 

安心してください

足を少しぐらい組んでも

そう簡単に

骨盤は歪みません。

 

足を組みたくなる理由は

血流が悪くなったり

下半身がむくみからなど様々です。

 

しかし骨盤の歪みが

原因の場合が

非常に多いです。

 

骨盤が歪み

背骨が曲がると

まっすぐ座っているより

足を組んで

骨盤を傾けたほうが

体が安定します。

 

また歪んでいると

お尻が椅子にあたる

座骨もずれるので

骨盤を傾けて

お尻を浮かしたくなります。

 

坐るとすぐに足を

組みたくなる人

まっすぐ座れない人は

骨盤が歪んでいる可能性が

非常に高いです。

 

つまり足を組んだから

骨盤が歪むというよりは

骨盤がゆがんでいるから

足を組みたくなるということです。

歪んでいる人は

長時間同じ側の

足で組み続けると

癖になり

さらに歪みが

大きく固定化するので

注意してください。

 

ただし歪んでいる人は

足を組むのを我慢すると

腰などに負担がかかり

ストレスになることもあります。

 

歪んでいる人は

無理に我慢はしないで

左右組み替えたり

長時間同じで組まないなど

できる範囲で工夫してください。

 

そして自然に

脚を組まなくても

まっすぐ座れるよう

骨盤のゆがみを

しっかり整えるのも大切です。