子宮内膜症とは

子宮内膜の組織が

本来あるべき

子宮以外の卵巣や

腹腔内などに発生

 

増殖と剥離を繰り返し

周囲と癒着して

さまざまな障害を起こす

10代から発症

20代~30代に

多い病気です。

 

主な症状としては

生理痛

下腹部痛

腰痛

排便痛

月経困難症や

不妊の原因にもなります。

子宮内膜症の原因は

現在もはっきりと

解っていません。

 

月経の回数が多いと

発生頻度が高くなるため

初経を迎える年齢の早まり

未産、晩産化の影響

 

女性ホルモンの不調

ストレスや自律神経の乱れ

冷えや骨盤のゆがみも

関係していると

言われています。