暑い夏でも

手足の先などが冷える

冷え性に悩んでいる人が

増えています。

 

夏の冷え性は

冷やしすぎや

自律神経の乱れが

大きく影響しています。

 

冷房の効いた部屋は

気持ちがいいですが

長時間いると

体の芯が冷え

薄着で露出している所も

冷えきってしまいます。

また外の高温から

冷房の効きすぎた室内へと

温度差の変化を繰り返すと

体温を調節している

自律神経が乱れます。

 

暑ければ熱を放出し

寒ければ熱をため込む

働きをしている

自律神経が乱れると

冷えだけでなく

熱中症の原因にもなります。

 

最近は夏の暑さが厳しいので

冷房を使わなければ

生活することができませんが

冷やしすぎによる

温度差に気負つけて

特に夜寝る時などは

肌の露出にも

注意しましょう。

 

また自律神経を

整えておくことも大切で

規則正しい生活を心がけ

循環促進のための

適度な運動や

整体なども効果的です。

 

特に下半身の冷えは

ふくらはぎの

運動やマッサージが

効果的です。