産後の骨盤矯正と

一般的な骨盤矯正

どちらも

凝り固まった筋肉をほぐし

歪んだ骨盤・骨格を

整える点では同じですが

 

産後特有の歪みを

特に矯正するのが

産後の骨盤矯正です。

 

産後は全体的な筋力低下

お腹の大きい状態の

外また反り腰など

一時的な妊娠中の

影響による歪み

 

授乳や抱っこなど

育児による偏った姿勢の

歪みがあります。

 

また出産のため

リラキシンという

ホルモンの影響で

骨盤周りの靭帯・筋肉が

産後も約3か月

緩んだ状態になっています。

 

産後の骨盤矯正は

特にこれらのことを踏まえ

適切な強さの刺激で

骨盤を安定させるための

矯正をしていく必要があります。

産前の体形に

戻すという目的で

産後の骨盤矯正を

利用する方もいますが

 

産前に戻すだけでなく

一般的な骨盤矯正と同じ

主に骨盤を矯正して

様々な不調やお悩み改善

健康的な体に整えるという

目的は同じです。