人間の身体は

細菌やウイルスなどの

有害物質にさらされています。

 

これらの外敵から

体を守るシステムが

「免疫」で大きく分けると

「自然免疫」と「獲得免疫」に

分けられます。

 

細菌やウイルスなどが

体内に侵入し

敵である「抗原」と判断すると

対抗するための「抗体」をつくり

「抗原」を攻撃することが

「自然免疫」です。

 

「獲得免疫」とは

同じ種類の「抗原」が

もう一度体内に

侵入してきた場合

すでに記憶されている「抗体」が

素早く攻撃することです。

 

「獲得免疫」で

「終生免疫」ができると

一生体を守り続けることができます。

 

麻疹や風疹など

一度かかると

かからない病気は

「獲得免疫」による

「終生免疫」ができるからです。

予防接種は

この「獲得免疫」の状態を

利用したもので

「抗原」がはっきりして

「抗体」がつくれ

特に「終生免疫」が

できるものには効果的です。

 

インフルエンザは

型や変異が多く

「終生免疫」が

獲得できないため

予防接種をしても

毎年接種が必要になります。

 

新型コロナウイルスは

「終生免疫」が獲得できるか

わかっておりません。

 

どちらにしても

予防接種・特効薬が完成しても

規則正しい生活や

体のバランスを整え

自身の「免疫力」を高め

細菌やウイルスから

体を守ることが大切です。