ズボンの裾上げや

マッサージ院などで

足の長さが左右で違うと言われ

身体が歪んでいると

心配する人もいると思いますが

 

単純に足の長さの違いだけで

歪みの判断はできません。

 

人間の身体は

もともと左右非対称です。

 

心臓を左右対称

体の中心にすることはできません。

 

利き腕・利き足などがあるので

左右対称に筋肉の太さを

鍛えることもできません。

 

成長期の骨折などで

骨の長さに大きく

差が出る場合もあります。

 

「足の長さ=歪み」ではありません。

また足の長さは計測方法

仰向けで寝た状態

うつぶせで寝た状態

立った状態

座った状態

それぞれの姿勢で

筋肉の付き方

関節や軟骨

重力による影響

があるので変わります。

 

一つの姿勢だけでなく

動き・筋力などもしっかり見て

「身体の歪み」

を判断するのが重要です。

 

もちろん左右差は

少ないほうがいいですが

筋力・柔軟性・軟部組織などで

身体全体でバランスがとれていれば

歪みではありません。

 

見た目だけではなく

しっかりと身体全体の

バランスを見て歪みを判断

整えることが大切です。