「あん摩」(按摩)とは

按「押さえる」摩「なでる」の意味の

中国発祥の手技療法。

日本で本格的に

行われるようになったのは

江戸時代以降。

 

主に心臓に近い方から遠い方に施術を行い

なでる、押す、揉む、叩くなどの手技で

健康を増進させる療法です。

 

 

「マッサージ」とは

ヨーロッパ発祥の手技療法。

明治時代に

医療法の一つとして導入

 

主に指先などの末梢部から

心臓に向かって施術を行い

筋肉の緊張をほぐし

緊張の緩和

血液循環の改善

リンパ循環の改善

などを目的にした療法です。

 

 

「指圧」とは

日本独自の手技療法。

母指を中心に

四指や手掌を用いて

全身のツボと呼ばれる指圧点を押圧

その反射で自然治癒力を高める療法です。

 

それぞれ発祥・歴史・効果

施術方法は異なりますが

「あん摩マッサージ指圧師」として

一つの国家資格になっています。