腱鞘炎とは

腱を鞘のように覆っている

腱鞘が炎症をおこしている状態です。

 

産後の腱鞘炎は

妊娠出産による

ホルモンバランスの影響と

急な使いすぎが

大きな原因になっています。

 

妊娠中は運動不足などで

全体的に筋力が低下します。

 

出産後は赤ちゃんのお世話で

手首・指・腕に

大きな負担がかかります。

 

筋力が低下した状態で

毎日負担が続き

筋肉や腱鞘が疲労、炎症を起こし

腱鞘炎になります。

 

特に姿勢が悪く体が固い人は

抱きあげる時に

指・手首・腕に負担がかかります。

 

体を軟らかくし

手先だけでなく

全身を使って抱き上げるよう

心がけてください。

一度腱鞘炎になると

すぐには治らず痛みが続きます。

 

痛みが出始めたら

使わないようにするのが一番

しかし育児や家事は

手首を使わないわけにはいきません。

 

炎症が起きないように

抱き方や姿勢に注意して

アイシングやサポーター

クッションなども使い

負担をかけないよう

注意してみてください。