産後の骨盤矯正はいつ始めればいいの?

産後の骨盤矯正は

一般的には

一か月後からになります。

 

なるべく早めが理想

しかし妊娠出産で

体や骨盤には

大きな負担がかかります。

 

まずは体を休め

一か月検診が終わり

特に問題がなければ

始めるのをおすすめします。

 

また帝王切開で

手術跡に痛みが出るようなら

気にならなくなってから

施術をしたほうが

リラックスして受けられます。

 

妊娠中は

骨盤だけでなく

大きいお腹を支えるため

外股気味で骨盤や股関節周りに

歪んだ筋肉がつきます。

 

産後何もしないと

お腹の大きかった時の

外股筋肉を使い続け

さらに育児姿勢の偏った

筋肉がついてしまいます。

 

歪んだ筋肉がどんどんつく前

早めに矯正できると理想です。

2人目の出産で

退院後全然元気なので

早めに矯正したい

という方はご相談ください。

 

ただし出産直後は

骨盤や内臓も不安定なので

状態を見ながら

軽めの矯正になります。

 

実は妊娠出産後は

いい筋肉だけでなく

妊娠前の悪い癖の筋肉も

落ちています。

 

早めにしっかり矯正し

いい体の使い方を

できるようにすれば

妊娠前の状態以上の

肩こりや腰痛の予防

太りずらい体質

になることも可能です。

 

どうしても育児が忙しく

一年、二年と間が空いてしまった

という人も骨盤矯正は可能です。

 

しっかり矯正し

姿勢が整えば

妊娠前の状態

それ以上の状態に

戻すことは可能です。

 

産後の骨盤のゆがみ

体形の変化

体の不調にお悩みの方は

ぜひ一度骨盤矯正を

お試しください。

 

 

カイロプラクティックセンター小池整体院

川崎市中原区小杉町3-441 SKビル2F

044-744-1477