image18

腱鞘炎とは

筋肉が骨に付着する腱を

鞘のように覆っている腱鞘が

炎症をおこしている状態です。

 

狭窄性腱鞘炎は

ドゥケルバン病、ばね指なども

含まれます。

 

指や手首の関節の酷使が

主な原因ですが

運動不足

筋力低下

日常生活の体の使い方

なども影響しています。

 

細かい作業の繰り返し

重いものを持つなどは

腱や腱鞘に大きな負担がかかります。

 

また姿勢や体の使い方が悪いと

何気ない日常生活でも負担がかかります。

 

最近では

パソコンのマウス

スマートフォンの使い過ぎが

原因の人が多いです。

 

使い過ぎが原因なので

痛みが出たら基本的には

手首や指を休めることが大事です。

 

小池整体院では

緊張した筋肉をほぐして休め

歪みを整え

手首や指に偏った負担がかからない

体の使い方ができるよう

施術していきます。

 

炎症が起きて痛みがでるのは

かなり悪くなってからです。

 
症状が出はじめると

手首や指を動かすと痛むので

日常生活もつらくなります。

 

手首や指に大きな負担がかかっている人は

痛みの出る前

早目の施術で健康的な体を取り戻しましょう。

 

 

カイロプラクティックセンター小池整体院

川崎市中原区小杉町3-441 SKビル2F

044-744-1447