腰部脊柱管狭窄症
(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは

背骨(腰椎)の

中側にある脊柱管が

狭まってしまう疾患です。

 

脊柱管が狭まって

神経を圧迫すると

腰から足にしびれ

強い痛みが出て

歩くのもつらくなってきます。

1

原因は

長時間の同じ姿勢

猫背

腰に負担のかかるスポーツ

仕事など

様々ですが

年齢とともに

徐々に狭まってくるとも

いわれています。

 

腰椎や椎間板の変形による

狭窄を完全に元に戻すことは

手術をしても難しいです。

 

しかし痛みは

負担がかかっている

腰・臀部の筋肉の緊張や

関節の炎症から

出ている場合が多く

これらを整えることにより

痛みが改善される例が

非常に多いです。

 

脊柱管の狭窄自体は

簡単には変化しないので

姿勢を変えたり

日によって大きな痛みの差が

ある場合は

狭窄による神経の圧迫ではなく

周辺の筋肉による圧迫で

痛みやしびれが出ている

可能性が高いです。

 

小池整体院では

この周りの緊張した

筋肉をほぐして

歪みを矯正することで

股関節の可動域なども改善し

腰の筋肉や脊柱管に

負担のかかりづらい

健康的な体にしていく

施術をしています。

 

腰への負担が無くなれば

圧迫がなくなり

狭窄も自然に

改善されていくことがあります。

 

また日常生活での注意点

姿勢を整えるためストレッチなど

アドバイスなども

行っています。

 

慢性的な痛みや

加齢による狭窄だからと

あきらめるのではなく

痛みやストレスの無い

健康的な生活を取り戻しましょう。