カイロプラクティクでは

骨の歪みやズレのことを

一般的には

サブラクセーションといいます。

 

サブラクセーションは

カイロプラクティックの

様々なテクニックで

色々な考え方がありますが

 

神経伝達の妨害

椎骨のアライメントが乱れた状態

関節の機能・構造・病的変化

などが主にあげられます。

レントゲンや

サーモグラフィーなどの検査で

わかるものだけでなく

 

触診しなければわからない

関節の可動域の減少や過剰

周りの筋肉の緊張などもあります。

 

歪みやズレといっても

関節がはずれている脱臼や

左右で差があるから

歪みというわけではありません。

 

カイロプラクティックとは

このサブラクセーションという

歪みズレを整えることで

自然治癒力を高める療法です。