急に腰に強い痛みの出る

ぎっくり腰は

損傷状態により

痛みに差がありますが

強い痛みが出ている場合は

まずは安静にすることが大切です。

 

動きたくても痛くて

動けない場合もありますが

無理して動いてしまうと

炎症・痛みはひどくなります。

 

できるだけ楽な

横向きで丸くなるなどの体勢で

痛みの出ている部分を

アイシング(冷やす)

湿布があれば張って

炎症を抑えます。

 

お風呂に入って

患部を温めたり

痛みの出ている部分を

ぐいぐい揉んだり

無理やり伸ばすのは

痛みが増す危険があるので

止めてください。

 

軽いぎっくり腰であれば

しばらくすると

治る場合もありますが

安静にしすぎると

筋肉が固くなり

周りに影響が出てきます。

 

整体やマッサージなどで

しっかり体をほぐしたり

レントゲンやMRI

薬の処方が必要な場合は

整形外科に行ってください。

ぎっくり腰は

原因を取り除かないと

癖になり繰り返す方が多いです。

 

痛みがなくなったら

安心するのではなく

 

姿勢の悪さ・体の歪み

身体の使い方・疲労の蓄積など

根本的な原因を

取り除くことが大切です。