バレーボールは

相手選手と

体と体がぶつかることは

少ないスポーツですが

上下・前後・左右の

急な動きによる

下半身への負担

膝・足首の捻挫

アキレス腱の損傷

 

無理な姿勢でのスパイクなどによる

肩関節への負担

 

ボールが当たることによる

打撲・突き指・手首の捻挫

などが多いスポーツです。

 

中でもジャンプの着地で

膝蓋靭帯に負担がかかり

膝のお皿の下が痛くなる

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

に悩んでいる人が多いです。

 

ジャンパー膝は

大腿四頭筋(太もも前の筋肉)が硬くなり

負担が吸収できないことが原因で

症状がひどく靭帯が断裂してしまうと

手術が必要になる場合があります。

 

練習・試合前には

大腿四頭筋をしっかりほぐし

痛みが出はじめたら

クールダウンアイシングを

しっかり行うことが大切です。

 

かばってしまうと

他の部位にも影響が出て

体のバランスも崩してしまうので

無理に練習はしないようにしてください。

 

大きなけがや故障を予防するには

日ごろのケアが大切です。

 

疲労した筋肉をほぐしたり

整体で歪みを整えることで

体の軸(体幹)が安定すれば

大きなけがや故障を

防ぐこともできます。

小池整体院には

Vリーガー
中学・高校・大学の部活動
ママさんバレーの選手など

様々な人が施術を受けています。

 

故障や怪我が多い人

ジャンパー膝でお悩みの人

練習の後の疲労を取りたい人は

ぜひ一度ご相談ください。