武蔵小杉駅のそばには

中原街道が通っています。

 

この中原街道は

交通量が多い道路なのに

武蔵中原駅方面から

東京方面に進んでいると

突然左に直角に曲がります。

 

そしてまたすぐに

右に直角に曲がるという

不便なカギ道になっています。

1

急に直角に

連続して曲がるので

直進してくると

不思議に思う方も

多いとおもいます。

 

なぜこのような

不便な道路になっているのか

 

このカギ道のある中原街道は

古くからの街道で

江戸時代には

この周辺に

御殿や陣(小杉御殿町・小杉陣屋町)

がありました。

 

そこで江戸に攻めてくる

敵などを待ち伏せするため

直線でなく守りやすいカギ道に

わざとしていたそうです。

2

今では待ち伏せする必要もないし

不便で危険な道路

 

このカギ道を解消して

斜めに直進できるように

工事が行われています。

 

カギ道の周りには

家や商店が

ぎっしり建っていたので

少しずつ用地の

取得が行われて

工事は進んできています。

 

この付近は

歩道も狭いので

自動車だけでなく

歩行者もゆったり

安全に通れるようになるといいですね。