なぜ猫背になってしまうのですか?

現代社会は

背中が丸くなる動作が

多くなっています。

デスクワーク
育児
家事
スマートホン操作
など

ほとんど手が前になる状態で

背筋を伸ばしているより

前かがみのほうが

動作がしやすくなっています。

逆に

反らしたり

伸ばしたり

手を後ろにやる動きは

日常生活では少なく

特別な運動などをしない限り

ほとんどすることがありません。

 

筋肉は使っている部分につき

使ってない部分は弱くなります。

 

関節も動かしていない部分は

硬く伸びなくなってしまいます。

 

丸まった前かがみが続くと

猫背の姿勢で筋肉が付き

正しい姿勢の筋肉は無くなり

筋肉、関節が硬く伸びなくなって

猫背が楽になってしまうのです。

 

前で作業する時は

多少丸まるのは仕方がありません

ただできるだけ長時間丸まった

固まった同じ姿勢にならないよう

注意してください。

 

できるだけ硬くなる前

伸ばせるうちに伸ばすのが

効果的です。

 

硬くなっている筋肉、関節を

急に伸ばしたり

無理に反らしすぎると

「ギクッ」と

痛めてしまう場合があります。

ゆっくり伸ばしてください。

 

 

カイロプラクティックセンター小池整体院

川崎市中原区小杉町3-441 SKビル2F

044-744-1447