天気が悪いと関節が痛くなるのはなぜ?

骨と骨とをつなぐ関節は

関節包という

袋状のものに包まれていて

関節包の中は

関節の動きを滑らかにする

関節液に満たされています。

 

天気が悪く気圧が下がると

この関節包も影響を受けて

圧力が変わり関節を刺激します。

 

この刺激により

痛みが出ている人は

いつもより痛みが強くなり

以前痛めたことのある関節

弱くなっている関節も

敏感に反応して痛みが出ます。

 

また天気が悪いと気温も下がり

冷えて血流が悪くなるので

筋肉のコリや痛みも出やすくなります。

お年寄りなど慢性的な関節炎や

以前痛めた古傷がある人は

天気予報より低気圧の接近に敏感と

言われるのはこの為です。

 

急な天候の変化を

止めることはできないので

関節炎が気になる人は

体の調節機能の自律神経を整え

急に関節周辺を冷やさないよう

予防してください。

 

 

カイロプラクティックセンター小池整体院

川崎市中原区小杉町3-441 SKビル2F

044-744-1477