敷布団は硬めと柔らかめどちらがいい?

zatu

ぐっすり眠れない

朝起きると腰が痛い

違う布団で寝ると体が痛いなど

布団が合わないと感じる人もいるのでは?

睡眠は一日のおよそ4分の1

使う布団は重要です。

それでは硬めと柔らかめどちらがいいのでしょうか?

硬め柔らかめそれぞれ特徴があります。

通常は硬めの布団がおすすめです。

柔らかい布団は気持ちよさそうですが

体の重たい所、後ろに下がっている部分が沈みます。

姿勢の悪い人は特に背中・腰が沈むので

猫背のような姿勢になります。

また深く沈むと寝返りもできなくなります。

逆に硬めの布団は

背筋が伸ばされいい姿勢になり

寝返りもしやすいです。

寝ている時も自然に体を動かすことで

負担が分散するので寝返りは重要です。

ただし特に姿勢の悪い人は

硬い布団だとあたる部分の圧迫感が強く

背骨が伸ばされてつらい場合があるので

適度の軟らかさは必要です。

また長年布団を使っていると

腰の部分などの反発力がなくなり沈んできます。

そんな時は上下・頭足などを逆に

圧迫する部分を変えると長持ちします。

最近は腰の部分だけが硬めなど

様々な特徴のある高機能な布団もあります。

しかい決して値段が高い布団なら

良いわけではありません。

自分に合った適度に寝返りができ

気持ちよく眠れ朝スッキリの布団を探してみてください。

暑い夏、良い睡眠でしっかり疲れをとりましょう。

 

 

カイロプラクティックセンター小池整体院

川崎市中原区小杉町3-441 SKビル2F

044-744-1447