膝の靭帯の損傷と診断されました靭帯って何?

zatu

靭帯とは

繊維の束

ひも状のものです。

 

骨と骨を結び付け

骨の動きを

コントロールして

関節周りの

血管や神経を保護し

関節の補強をしています。

 

わずかな弾力性はありますが

無理な力や捻れが加わると

伸びたり断裂して

損傷してしまいます。

 

このような状態が

「靭帯損傷」で

患部が炎症を起こし

膝がガクガクするといったような

不安定感を感じる人もいます。

治療法は損傷の程度により

異なります。

 

軽度の損傷は

リハビリなどで

周りの筋肉を補強し

関節の機能を

取り戻していく

「保存療法」

を行います。

 

重度の損傷や

断裂している場合は

靭帯の修復術や

再建術などの

「手術による治療」が

必要になります。

 

一度断裂した靭帯は

完全に元に戻ることは

ありません。

 

また損傷から

治療開始までに

時間がかかると

半月板や軟骨の損傷など

二次的な関節の

損傷もおこるので

注意が必要です。

 

 

カイロプラクティックセンター小池整体院

川崎市中原区小杉町3-441 SKビル2F

044-744-1477

ちょうどいい睡眠時間とは?

zatu

睡眠時間の短い

寝不足状態の人が

増えています。

 

ちょうどいい睡眠時間は

個人差がありますが

7~8時間が

快適と言われています。

仕事や育児などで忙しい人は

7~8時間の睡眠をとるのは

難しいと思います。

 

しかし睡眠は

時間だけでなく

どれだけ熟睡できたか

睡眠の「質」が大切です。

 

睡眠中に何度も

目が覚めるようでは

たとえ長時間寝ても

疲れは取れません。

 

できるだけ

「質」のいい睡眠をとるには

寝る直前の食事

コーヒーなどの刺激物は

はとらないようにして下さい。

 

またスマートフォンなど

目への刺激も避けて

リラックスした状態で

睡眠に入れると理想です。

 

ストレッチなど簡単な運動で

体を少し動かすのも効果的です。

 

普段睡眠時間が短いので

休みにまとめて

長時間寝る人もいますが

いわゆる寝だめはできません。

 

寝すぎると

だるくなったり

腰痛になることがあるので

ご注意ください。

 

ちょうどいい睡眠時間を

毎日とるのは

難しいかもしれませんが

できるだけ「質」のいい睡眠で

一日の疲れをとりましょう。

 

 

カイロプラクティックセンター小池整体院

川崎市中原区小杉町3-441 SKビル2F

044-744-1477

最近よく聞くストレートネックってなに?

zatu

整形外科で

「ストレートネック」

と診断される人が

増えています。

 

「ストレートネック」

「まっすぐな首」なので

良いのでは?

 

と思う人もいますが

これは良くないことで

首の生理的な湾曲が

無くなった状態です。

 

首は横から見ると

まっすぐではなく

なだらかな前弯があります。

 

この前弯が

バネやスプリングのように

頭の重さを

上手に吸収しています。

 

しかし下向きの姿勢

前弯の無い状態が

長く続くと

首がまっすぐになって

吸収力や弾力性も失われ

筋肉で支えるようになります。

 

この重い頭を支えるのに大切な

前弯がなくなった状態が

「ストレートネック」です。

最近では

スマートホンを

長時間見ることで

「ストレートネック」

になる人が多く

「スマホ首」

とも言われ

 

首コリだけでなく

慢性的な

肩こりや頭痛にも

影響しています。

 

長時間下向きが続く人は

背筋を伸ばして

頭を背骨

体の中心にのせ

軽く顎を引いて

首の前弯を保つよう

意識してください。

 

毎日長時間のPC作業

スマートホンの見過ぎで

「ストレートネック」

「スマホ首」

が心配なら

悪い癖がつく前に

早めの矯正がおすすめです。

 

 

カイロプラクティックセンター小池整体院

川崎市中原区小杉町3-441 SKビル2F

044-744-1447

体の歪みをそのままにしているとどうなるの?

zatu

体のゆがみと言われても

「体が歪んでいるかわからない」

「痛みがないので歪んでいないはず」

と歪みのチェックを

していない人もいると思いますが

「歪み」を長期間放っておくと

大変なことになる場合があります。

 

「自覚症状」がでるのは

かなり悪くなってからで

特に年齢が若いうちは

多少のゆがみがあっても

筋力・軟骨・椎間板などが

しっかり吸収するので

「痛み」や「違和感」を

感じにくくなっています。

 

しかし「痛み」が無いけど

歪んでいる状態が続くと

ますます偏った筋肉がついて

体に悪い癖がつき

矯正しづらい体になってしまいます。

 

さらに年齢とともに

筋力が衰え

柔軟性が低下し

負担が大きくなると

軟骨・椎間板の変形

骨そのものにも影響して

変形性膝関節症

脊柱管狭窄症など

強い痛みが出はじめます。

大きな骨の変形は

整体で形を変えたり

関節、筋肉の矯正では

補うことができず

外科的な手術が

必要になる場合があります。

 

日常生活の癖

仕事での長時間の同じ姿勢

育児での偏った姿勢など

歪みの原因は様々。

 

痛みが出ていないから

歪んでいないわけではありません。

 

気になる所がありましたら

定期的に整体院で

体の歪みのチェックを

してみてはいかがですか。

 

 

体のゆがみでお悩みなら

カイロプラクティックセンター小池整体院

川崎市中原区小杉町3-441 SKビル2F

044-744-1447

生活習慣病ってどんな病気?

zatu

生活習慣病とは

日本人の主な死亡原因

がん・虚血性心疾患・脳血管障害の

引き金になるものです。

 

主な生活習慣病は

動脈硬化
高血圧症
脂質異常症
糖尿病

いずれも初期は

自覚症状が出ないため

見逃しやすいです。

 

以前は加齢に伴う病気

ということで「成人病」

言われていましたが

生活習慣に深く関係しているので

呼び方が変わりました。

 

おもな原因で

生活習慣の乱れ

食べ過ぎ
偏食
運動不足
ストレス
お酒
タバコ
肥満

などが影響しています。

生活習慣が乱れて

ストレスが溜まっている人は

整体で歪みを整えて

ストレス解消してみてはいかがですか。

 

 

カイロプラクティックセンター小池整体院

川崎市中原区小杉町3-441 SKビル2F

044-744-1447