川崎市中原区武蔵小杉のおすすめ整体院
脊柱管狭窄症でお悩みの人に評判。
トップページ > 腰部脊柱管狭窄症
腰部脊柱管狭窄症
腰部脊柱管狭窄症について
 腰から足にかけて重い・痛い
 腰や足が痛くて家事や育児など日常生活に支障が出る
 つらくて仕事や勉強に集中できない
 腰や足が痛くて座ってられない
 腰が痛くて体がまっすぐにできない
 少し歩くと腰から足に痛みやシビレがでる
など

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは
背骨(腰椎)の中側にある脊柱管が狭まってしまう状態です。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の原因
長時間の同じ姿勢、猫背、腰に負担のかかるスポーツや仕事などの他に加齢で狭まってしまう人もいます。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の影響
脊柱管が神経を圧迫してしまうと間欠跛行(歩行すると痛みやしびれが出てしばらく休むと軽減する)・シビレ・足腰の痛みなどが起こります。

しばらく歩くと痛みがでるので運動不足にもなり筋力低下でさらに姿勢が悪くなり痛みが強くなることもあります。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の対処法
腰椎や椎間板が大きく変形、狭窄すると完全に元に戻すことは手術でも難しくなります。

しかし痛みやしびれは周りの筋肉の緊張や関節の炎症から出ている場合が多いです。

脊柱管の狭窄自体は姿勢の変化やその日の体調で大きく変わりません。

姿勢や日によって痛みに大きな差がある場合は狭窄による神経の圧迫ではなく周りの筋肉や関節から痛みやしびれが出ている可能性が考えられます。

姿勢の歪みや負担のかかってしまっている筋肉の緊張を取ることで痛みが改善する場合もあります。

施術例
歩行時の痛みでお悩み 男性 66歳

しばらく歩くと痛みが出るので歩き方の確認
   ↓
全身の状態のチェック
   ↓
歩き方、姿勢の悪さが影響しているので姿勢を整えるための筋肉のほぐし
   ↓
姿勢・骨盤の矯正
   ↓
物理療法で深部の筋肉のほぐしと循環促進
   ↓
姿勢が悪いので操体法で姿勢の改善
   ↓
最後に正しい姿勢、歩き方のアドバイス

歩行時の痛みでお悩みの66歳男性への施術例です。
症状・年齢・体格などにより施術内容は異なります。



腰部脊柱管狭窄症と筋肉
背中の筋肉
脊柱起立筋・広背筋

骨盤の筋肉
大腰筋・腸骨筋・大殿筋

お腹の筋肉
腹直筋・内腹斜筋・外腹斜筋

足の筋肉
大腿四頭筋・ハムストリングス

腰部脊柱管狭窄症と骨
腰椎・仙骨・腸骨・寛骨

腰部脊柱管狭窄症と関節
腰椎椎間関節・仙腸関節・股関節

おすすめのコース
腰部脊柱管狭窄症でお悩みの人は
全身を整えて歪みを解消していく
全身調整コース
がオススメです。

利用者の声

 少し歩くと痛かったのがウォーキングができるようになった
中原区上新城 男性 66歳
 背骨が曲がっていたのがまっすぐに
幸区古市場 男性 30歳
 腰から足の違和感が取れた
中原区小杉陣屋町 男性 26歳
 足の付け根の痛みがでなくなった
中原区苅宿 男性 36歳



トップページ | 全身調整コース | O脚・X脚コース | 骨盤スリムコース | 料金・コース | スタッフ・ごあいさつ | よくある質問 |
来院データ | 地図・案内 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ